当院の緑内障日帰り手術について

 

あなたが一番の緑内障理解者となり、一緒に視神経及び視野を守っていきましょう。

当院は、緑内障手術を行うに値する経験と技術、設備が整ったクリニックです。

緑内障とは

定期的な眼科受診をして、一緒にこの難病に立ち向かいましょう。

 

 緑内障とは、視野が欠けていく病気で、現在失明原因の第1位に数えられています。発見が遅れた場合や、治療しないでいると失明につながる恐れがあります。また、40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障といわれており、年々その数は増加しています。

 視野が欠ける原因として、眼圧の上昇が考えられます。眼の中で作られる房水の量と眼の外に出ていく房水の量のバランスにより眼圧は維持されています。そのバランスがくずれ眼圧が高くなると、視神経が圧迫され視野が欠けていきます。ただし眼圧が正常値でも緑内障(正常眼圧緑内障)になってしまう人もいます。日本人の緑内障患者様の7割がこの正常眼圧緑内障だといわれています。

 多くの緑内障で視野は、ゆっくりと欠けていきます。そのためなかなか自分では気づくことができません。また、片眼だけに視野欠損がある場合でも、正常であるもう一方の眼で補ってしまうため気づきにくいのです。一度失った視野は元に戻りません。早期発見、早期治療の重要性はもちろんのこと、ご自分の視野欠損の程度(緑内障の病期)や視野欠損のスピード(個人差があります)などは眼科の検査でしか判定できません。ぜひ定期的な眼科受診をして、一緒にこの難病に立ち向かいましょう。

緑内障の治療法

生涯にわたり、視野を維持するためにも緑内障は治療時期を遅らせない事が大切です。

 

 現在、確立されている治療法でエビデンスのあるのは眼圧を下げることだけです。まずは作用機序の異なるさまざまな点眼薬から一番あった点眼薬を選択させていただき治療が開始となります。個々人により目標眼圧(治療前より30%低下させるのが理想)が異なるためしばらくは、頻回の眼圧管理が必要となります。点眼薬の治療により目標眼圧に到達できない時や視野欠損の進行が速い時は、点眼薬を追加させて頂くと同時に、もう一度ご自分の点眼回数、点眼間隔(他の点眼薬との間隔は5分)がしっかりと出来ているかを確認して下さい。それでも眼圧が下がらない場合は、緑内障手術が必要となります。生涯にわたり、視野を維持するためにも緑内障は治療時期を遅らせない事が肝要なのです。

当院の緑内障手術

緑内障手術を行うに値する経験と技術、設備が整ったクリニック

 

当院では、緑内障手術を日帰りにて行っております。
手術が必要であると判断した多くの患者様の年齢はまだまだ若いことが多いこと、入院により日常生活に支障が出たりする弊害の方が大きいと考えるためです。

さらに、緑内障手術の種類や方法もこの数年で大きく変化し、より安全に、より侵襲性の少ない手術方法が選択出来る様になり、日帰り手術でも十分安全に行うことができるためです。当院では、患者さんの生活スタイルや緑内障の病期に応じて、適切な時期に適切な緑内障治療(手術)を提案、実施させていただきます。ただし、術後は患者さんの協力が必要不可欠であるため、日帰り手術が難しいと判断する場合は、ご相談の上、入院施設を兼ね備えた 専門病院をご紹介させていただきます。

緑内障手術後の見え方と通院について

緑内障手術は、白内障手術とは異なり、視力を向上させる事を目的とはしておりません。徐々に進行する視野欠損を緩徐にすること(眼圧を下げること)もしくは停滞させる事を目的とした手術です。その手術の特性上、術後しばらく、眼内に出血を起こす、もしくは出血を繰り返す可能性があります。が、殆どの方は、しばらく(2~3日~遅くても1ヶ月程度)で落ち着いていきます。また、それまで充満していた圧力が抜ける事により、一時的に眼球が柔らかくなりすぎる(低眼圧)になる事もあり、その際にも視力は低下する場合がありますが、しばらくすると戻ってきます。また、眼圧調整のために手術時に水の出口を4~6針縫います。これらは術後外来にて眼圧調整のため、レーザーで切糸します。その間は、術後翌日及び翌々日通院していただく他に、こまめに外来通院をお願いすることになります。 このタイミングが手術の効果を左右しますので、ご協力をお願いします。術後、眼圧が落ち着いてきましたら、定期通院に変更します。

緑内障と上手く付合うために

緑内障は、慢性的に視野欠損が進行する病気です。毎日の点眼加療と定期的な視野検査が必要です。治療法で確立されている方法は、『眼圧を下げる』ことだけです。一度失われた視野は元には戻らないことを考えると、早期発見と早期治療が最も大切なことだと考えます。健康な人でも40歳を超えたら、少なくとも1年に1回は眼科検診を受けましょう。また緑内障の治療が始まると生涯にわたり通院加療が必要になります。ぜひ自分自身が一番の緑内障理解者となり、一緒に視神経及び視野を守っていきましょう。わからないことがあれば何でも質問してください。少しでも緑内障の理解に繋がるお手伝いが出来ればと考えております。

主な設備について 
大病院と同等の施設と技術を

地域の大病院と同等の機材を導入し、豊富な経験を積んだ院長が執刀します。そのため、手術のレベルや安全性に違いはありません。また、週2回のオペ日を確保しているため、緊急の手術にも迅速に対応することが可能です。

緑内障手術100件以上の豊富な実績

院長は、緑内障手術はこれまでに100件以上、網膜硝子体手術年間150件以上、白内障手術6,000件以上の豊富な手術経験があります。また、患者様のご家族にも治療内容のご説明を行いご理解いただいた上で、実際の治療に入りますので高齢者の方も安心して受診していただける環境となっています。

平成27年度実績はこちら

開院以降の手術執刀件数

視野の検査に欠かせないORTの存在

早期発見、早期治療の重要性はもちろんのこと、ご自分の視野欠損の程度(緑内障の病期)や視野欠損のスピード(個人差があります)などは眼科の検査でしか判定できません。ぜひ定期的な眼科受診をして、一緒にこの難病に立ち向かいましょう。

手術を見守ることができます

手術室の隣には、手術室が見える手術特室をご用意しています。手術を見守りたい方は、立ち上がってご覧ください。また、待合室のモニターでは手術中の映像をご覧いただけます。

手術控室(特室)

手術特室は、手術室直結の手術前後にお休みして頂く、高級感とリラクゼーションを兼ね備えたお部屋です。 また手術の説明の際にも使用いたします。

オフィシャルサイト 院長ブログ 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
手術ブログ スタッフブログ レザー白内障手術.com
お気軽にお問い合わせください TEL:027-386-4149
contact_tel.png
お問い合わせ
tel_sp.png
お問い合わせ
PAGE TOP
TEL:027-386-4149 お問い合わせ