2018.12.29更新

今年も様々な手術を経験しあっと言う間に1年が過ぎ去った。総括してみる。手術件数に関しては、開院から毎年随時更新しホームページにアップしているので、ぜひご覧ください。


まず白内障手術だと…今年は両眼同時手術を積極的に行い、患者様の社会復帰を早める事に成功した。強膜内固定術は、時々は必要になる技術だし、そのクオリティはしっかりと担保されている。IOLの入れ替えは、CCCがレンズカバーされていれば2ケ月以上経過していても嚢との癒着は外せて、問題無く入れ替えは出来る事が分かった。あまりやりたい手術ではないが…難しくはない。


また、個人的には…高度近視眼の白内障患者様は両眼同時手術をしてあげると、一時的な不同視を引き起こさないで済むため本当に良い方法だと思う。これからも当院では積極的に勧めていく。また、2焦点IOLも何故か相性が良いように感じている。


多焦点眼内レンズ…特に2焦点レンズは中途半端で欠点が多いため、一人一人の患者様と真摯に向き合い、悩み、そこから得た経験はクリニックの財産となっている。3焦点レンズは、値段は高いが、全てが見たい人には値段以上の価値を与えてくれるレンズだと再認識できた。

 

レーザー白内障手術は、難症例と言われる小瞼裂や小瞳孔例を経験したことにより術前にしっかり難しくなる場合をお伝えできる基準を持てた年となった。変わらず…私のレーザー技術に対する信頼感は揺るぎない。出来ることなら、全白内障手術患者様をレーザー白内障で執刀してあげたいとさえ思う。

 

術中診断装置のオラは、回旋補正されたバージョンアップ版に期待したい。ベリオンとのずれが少なくなれば、もっと患者様に恩恵を与えられるはずだ。

 

硝子体手術は、毎年100件以上執刀し、5年が経とうとしている。日帰り施設でもしっかりと貢献できている自負はある。網膜疾患がある患者様のレーザー白内障手術も上手く時期を分けて行う事が出来るようになった。そして、今年は1万カッターを使う機会は無かったが…来年は使用する機会が増えそうだ。まず回転数が5000回転の2倍となり効率が上がっただけでなく、条件設定でより安全になり、またカッターの先端形状がより増殖膜の処理をしやすくなった。臨床に即していて大いに評価できる改良だと言える。

 

緑内障手術は、ろ過手術を中心に行ったが、来年はろ過胞再建術も積極的に行っていく。白内障同時手術では、istent術が一番非侵襲的で眼に優しいと考える。緑内障の患者様にも、白内障手術は早めが良いし、白内障手術をして眼圧が下がる第2のメリットをしっかりと伝えていきたい。

 

うちは、最先端のレーザー白内障手術から網膜疾患の硝子体手術…失明原因の第1位である緑内障手術に開院から変わらずに力を入れていて実績も伴ってきた。これからもスタンスを変えずに地域貢献していきたい。

 

しかし、決して敷居が高いわけではなくどなたでも紹介状など無くても気軽に受診して頂けます。その代わり…涙道疾患やまぶたの手術は近隣の専門の先生に手術を依頼させて頂いています。私には出来ません。


目でお困りの事があれば、気軽に下之城眼科クリニックに相談してください。きっとあなたの唯一無二のホームドクターになる努力をするお約束をします!

オフィシャルサイト 院長ブログ 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
手術ブログ スタッフブログ レザー白内障手術.com
お気軽にお問い合わせください TEL:027-386-4149
contact_tel.png
お問い合わせ
tel_sp.png
お問い合わせ
PAGE TOP
TEL:027-386-4149 お問い合わせ