2017.07.26更新

白内障は、70歳で90%、80歳で100%の罹患率だと言われています。必ず歳をとれば誰でもなる病気(老化)です。もちろん若くして、他の病気やけがが原因で白内障になる方もいらっしゃいます。病気の本体は水晶体が濁る事。そのため症状は、かすみやぼやけ、視力低下など、日常生活においてかなりの不自由をきたす状態に陥り、最終的に放置すれば失明します。


そこで、誰でもなる白内障に対し当院では本気で取り組んでいます。本気なのは、患者様の術後の見え方の質の向上や術後の希望される生活の要望に徹底的にこだわっている事。
手術が無事に終了するのは、当たり前の事。


ただ、濁りを取り除いて綺麗な眼内レンズを入れ替えるだけの時代は終わったのです。手術後の見え方の質を低下させる原因の一つに乱視の存在があります。そもそも乱視の無い人は皆無で、弱いか強いかだけ。当院では、一人一人の術後の乱視の強さに注目して、白内障手術時に出来る限り乱視が軽減する方法も検討し手術(オーダーメイド手術)をしています。


取り組みの一つとして…開院当初から乱視矯正レンズを積極的に使用したり、術創の工夫やLRIの活用など。乱視を上手くコントロールすれば、術後裸眼で1.2も現実になるのです。


また、術後の生活の質にも着目し、手術後に眼鏡から解放される、まさに夢のような生活に変える事も多焦点眼内レンズなら可能な時代なのです。もちろん若い時から眼鏡をかけていた人も例外ではありません。

 


また、全てのレーザー白内障手術の立会いはもちろん大切な術前検査から術後検査を担当し、患者様にとってベストな眼内レンズを私と一緒に選択するレンズコーディネーター(ORTの保坂君)の存在も当院の強みだと考えています。

 

当院では、一般保険による白内障手術(乱視矯正含む)から先進医療特約に認定されている2焦点眼内レンズを用いたレーザー白内障手術。そして最高峰の手術として位置付けられる3焦点眼内レンズを用いたレーザー白内障手術による自費手術の全てを取り扱っております。そして全ての手術において、良好な成績と高い患者様満足度を得ています。全ては、患者様のために。より良い術後生活を送りたければ…自分で手術術式や眼内レンズを選択しましょう!


全ての白内障手術において、ベリオンアシスト手術で乱視軽減は当たり前に、患者様の術後生活にとってベストな状態となる医療を提供できる施設として、これからもお役に立てれればと思っております。


2焦点眼内レンズと3焦点眼内レンズは、プレミアムレンズと呼ばれています。プレミアムレンズ及びレーザー白内障手術には、適応があります。残念ながら全ての患者様が受けられるわけではありません。ただ、理解してご納得頂ければ、最大限希望にそう形でのご協力は惜しみません。当院では、月1回のプレミアムレンズとレーザー白内障手術の実際をテーマにした無料説明会を開催しております。自分の眼が適応になるのか?先進医療がよくわからない人、最先端のレーザー白内障手術についてよく知りたい人は、お気軽にお問い合わせください。

 

そろそろ、白内障手術後の見え方や術後生活の在り方について真剣に考えてみませんか?術後の長い人生、生活を送られる主役は、患者様であるあなたなのだから…。

 

オフィシャルサイト 院長ブログ 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
手術ブログ スタッフブログ レザー白内障手術.com
お気軽にお問い合わせください TEL:027-386-4149
contact_tel.png
お問い合わせ
tel_sp.png
お問い合わせ
PAGE TOP
TEL:027-386-4149 お問い合わせ