2015.12.29更新

以下よりご覧ください。

http://www.vitreoretina.jp/research_27/

2015.12.29更新

こちらからご覧いただけます。

http://www.vitreoretina.jp/results_27/

2015.12.29更新

12月28日(月)~1月3日(日)は冬期休暇のため休診とさせていただきます。 ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

2015.12.20更新

網膜の中心に穴があく黄斑円孔と言う病気は、あるステージを超えて進行してくると手術を選択します。

 

今回は、手術の方法が少し改良され…難治な最終ステージ(stage4)の古くて大きな穴まで治せる可能性が出てきたのでお話します。

 

初回手術であれば…invertedILM法で対処します。円孔周囲に続発的な黄斑前膜を伴っていてキサントフィルが脱出している場合は、stageに関係無くキサントフィルを残して穴に埋めるようにしています。網膜最内層の内境界膜を剥離して円孔内に全周からトリミングして埋め込むという方法です。

 

 

再手術例であれば…free flap法で対処します。他の場所から内境界膜を円孔径より少し大きめに剥離してきて、円孔底に埋め込みます。自分は低分子粘弾物資をおもし代わりに使用してガス置換しています。

 

以前より、上記手術法の改良により難治例であった陳旧例の黄斑円孔の閉鎖率も格段に上昇しています。

 

ただ…単純な黄斑円孔も難治例の黄斑円孔も術後には、うつ伏せ(伏臥位)が必要なのは変わりません。

 

経験者(患者様)にすると…かなり伏臥位は辛いと言うお話しをいつも聞きます。

24時間で閉鎖するとの見解も出てきていますので、なるべく患者様の術後の負担を減らす工夫にも取り組んでいきたいと思っています。

 

 

 

2015.12.10更新

緑内障患者様で、どうしても点眼など薬では眼圧が下がらず視野障害の進行を食い止めれない時…我々は外科的手術を選択します。

 

 

外科的手術をしても失った視野が回復するわけでは無く、眼圧を下げる手術です。

 

以前から、行われている繊維柱帯切除術(レクトミー)もその選択肢の一つですが…傷口が大きく、特に術翌日の眼圧を予測する事は難しく、異常な低眼圧になっていたりする事もしばしばありました。また術後長期にわたりその機能(眼圧を低く保つ)を維持するのも至難の技です。

 

そこで、エクスプレス法という金属を埋め込み眼圧を下げる術式が、術後の眼圧変動も少なく(術中に翌日の眼圧を予測しやすい)、さらに手術時間も短くて済むので私のところでは第一選択術式としています。

 

もちろん術後管理には、独特のコツと経験は要りますが…。うちでエクスプレス手術を受けられた多くの患者様で術後経過は良好に推移しています。もちろん必要に応じて、ニードリングなど追加処置も適切に行ってですが…。

 

レクトミーもエクスプレス手術も、結局は結膜という白眼の薄い膜の状態により難易度が変わると考えています。結膜の薄い人、以前結膜をいじった既往のある眼は異常な癒着があったり脆くなっている可能性もあり難易度が高いです。

 

当たり前の事ですが…白内障手術、硝子体手術、緑内障手術、外眼部(翼状片オペなど)手術など…お互いが一見関わり合いの無いような手技同士に思えますが、あとあとその患者様にどんな疾患が発症し、追加手術が必要になるか分かりません。

我々は、初回手術から、単発手術であっても出来るだけ小切開、低侵襲手術を心掛ける必要があるのです。

 

オフィシャルサイト 院長ブログ 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
手術ブログ スタッフブログ レザー白内障手術.com
お気軽にお問い合わせください TEL:027-386-4149
contact_tel.png
お問い合わせ
tel_sp.png
お問い合わせ
PAGE TOP
TEL:027-386-4149 お問い合わせ